2018年05月16日 05時00分 公開
特集/連載

ERP連携が鍵予算管理ソフトウェアに欠かせない9つの機能

予算プロセスで戦略目標と財務目標を確実にサポートする機能には、ワークフローツール、多次元データ構造、柔軟なレポートなどがある。

[Barry Wilderman,TechTarget]

関連キーワード

ERP


 運用上と戦略上の両方の企業目標を達成しつつ、会計や出張移動といったコストセンター向け予算を策定する際に必要なことがある。それは、基本に立ち返り、ニーズを満たす予算管理ソフトウェアを購入することだ。

予算管理ソフトに重要な9つの機能

 本稿では、予算管理ソフトウェアに求めるべき一部の重要な機能と、そうした機能によって提供されるメリットを取り上げる。

1. 快適さを求めた構築

9つのニーズを満たす予算管理ソフトウェアは?《クリックで拡大》

 まず、ソフトウェアは簡単に扱えなければならない。GUIが洗練されていて、その使用方法が一目瞭然になっている必要がある。さらにGUIを拡張でき、IT担当者がプログラミングしやすい拡張機能が許可されていることも必要だ。この種のGUIを使用すれば、ユーザーは月単位のデータや予算項目を容易に入力できる。使いやすいGUIにはトレーニングの必要が少ないことも求められる。そうすれば、予算をより短時間に作成できる。

2. ワークフロー

 予算管理ソフトウェアにワークフロー機能が組み込まれていれば、予算作業を部門内で従業員に割り当てた後に、部門別に幹部レベルで評価することが可能になる。ワークフローツールを使用して修正作業を割り当てることもできる。ワークフロー機能、または個別のワークフローソフトウェアには、作業や修正作業がどこで実施されているかを管理者側が常に把握できるメリットがある。

3. 財務諸表

 包括的な予算編成では収益、コスト、キャッシュフロー、運転資本に関する入力と分析が行われる。従って、予算管理ソフトウェアにはこれらの各領域における財務諸表テンプレートが用意されている必要がある。さらに、組織の他の財務諸表を予算管理ソフトウェアの財務諸表形式に変換しやすいことも求められる。全ての財務諸表を取り込んだら、予算のあらゆる部分を迅速に分析して最適化できる。

4. 多次元性とビジネスインテリジェンス

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...