2018年05月17日 10時00分 公開
PR

“業界標準”の強みが将来性を生むSDDC構築の“最短経路” 「SDDC as a Service」を具現化したサービスとは?

「SDDC」は、中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際に構築するとなると、どのような手段を採用すべきなのか。具体像を探る。

[ITmedia]

 ITインフラに仮想化テクノロジーを活用した「SDDC」(Software-Defined Data Center)環境を構築することで、IT担当者が抱える管理負荷を軽減したり、現在のアプリケーションに求められる日単位/時間単位といった短期間での変更を実現したりしやすくなる。次の問題は、こうした環境をどのように構築すべきか、という点だ。

 自社内のITインフラを完全に刷新してSDDC化する方法もある。マネージドサービスを活用して、より容易にメリットを享受する形もあり得る。ここでは主に中堅・中小企業がITインフラのSDDC化に取り組む際に、具体的にどのような方法で実現すべきなのか、詳しく見ていく。

提供:株式会社ディーネット、ヴイエムウェア株式会社

提供:株式会社ディーネット、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部