2018年05月18日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

調査データで見る、自律型データセンターが実現したコストダウンの威力

HPE Nimble Storage導入企業と、Nimble Storage以外のストレージ導入企業を比較した調査結果からは、ストレージの運用コスト削減効果をはじめとしたさまざまなメリットや、「データセンター自律化」への道のりが見えてくる。

[ITmedia]

 「攻めのIT活用」が叫ばれて久しく、IT担当者がシステムの運用管理に忙殺される現状の打開は急務の課題だ。そこで複雑化するITインフラ運用管理の負担を軽減するために、自律型の運用管理システムに関するニーズが高まっている。

 人工知能(AI)技術を搭載した予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」は、ITインフラの課題を事前に予測して防止する機能を持つ「HPE Nimble Storage」のコアテクノロジーだ。HPE Nimble Storageは、業界認定の顧客満足度であるネットプロモータースコアでも高得点を獲得している。

 2017年にThe Enterprise Strategy Group (ESG)が実施した調査では、HPE Nimble Storage導入企業と、Nimble Storage以外のストレージ導入企業を比較。その結果から、ストレージの運用コスト削減効果をはじめとしたさまざまなメリットや、「データセンター自律化」への道のりが見えてくるだろう。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日