2018年05月18日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

従来のサーバ環境を「コンポーザブルインフラ」に移行するメリットとは?

従来型のビジネスアプリと、新しいアイデアを駆動するビジネスアプリの両方を支援するアーキテクチャとして登場したのが「HPE Synergy」だ。その機能や管理手法、そして現在の「HPE BladeSystem c-Class」環境からHPE Synergyに移行することのメリットについて解説する。

[ITmedia]

 近年のビジネスでは、企業はもっとスピーディに、たくさんのアイデアからサービスを生み出すことを求められている。アイデアから新製品やサービスを創出し、短期間で市場に展開するのは簡単なことではないが、その重要性は今までになく高まっている。

 次世代を見据えたビジネス戦略のためには新しいITインフラへの投資が必要だが、従来型のビジネスやサービスのために既存のITインフラを維持することも同じくらい重要だ。すると運用現場では、さまざまな製品、物理/仮想環境、クラウドサービスなどが混在した環境になりがちだ。

 このような近年の課題に挙がる「IT環境の複雑性」を低減し、サービスを迅速に提供できるようサポートするアーキテクチャとして登場したのが、コンポーザイブルインフラ「HPE Synergy」だ。本稿では、HPE Synergyの管理機能や手法、そして現在の「HPE BladeSystem c-Class」環境からHPE Synergyに移行することのメリットについて解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日