2018年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

今がセキュリティを見直す時GDPRはデータ管理システムを一新するチャンスとなる

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)順守に関して企業は、多くの課題が突きつけられている。しかし、これを克服すれば、非常に優れたストレージ管理とデータ管理のシステムを構築する好機となる。

[Rich Castagna,TechTarget]
画像 GDPRをチャンスにつなげる

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則「GDPR」(General Data Protection Regulation、以下GDPR)に対応するため、全世界の企業がストレージ管理を見直すことになる。これは企業自体にもその顧客にもメリットになる。

 GDPRが一般データ保護規則のことだと知っていても、「欧州市民に関すること」ぐらいに軽く考えていると、適用開始となる2018年5月に慌てふためくことになるかもしれない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...