2018年05月29日 10時00分 公開
PR

ハイブリッド/マルチクラウド環境におけるAPI活用APIはスタートアップだけの武器じゃない 企業の“宝物”を公開する鍵に

デジタル変革で守勢に立たされていた既存企業に反撃のチャンス到来だ。顧客データやブランドといった“宝物”をAPIで公開することで、新しい価値を創造できるはずだ。

[ITmedia]

 企業を取り巻くデジタルトランスフォーメーション(DX)に変化が起きている。DXという言葉が浮上した当初は、その破壊的な力が強調されることが多かった。新興企業がITを武器に既存企業のシェアを奪い、一夜にして市場を激変させるというのが典型的なストーリーで、企業はこの動きにどう備えるべきかという守りの観点で語られることが一般的だった。

 しかし今、既存企業は自社にも立派な「宝物」があることに気付き始めている。長年にわたり築き上げてきた顧客との信頼関係やブランドといった無形の財産、購買データなどだ。これらを武器にすれば、動きの速いスタートアップに肩を並べるだけでなく、主導権を握ることもできるはずだ。

 ただし、こうしたデータは、さまざまなシステムや場所に分散していることが多い。従って顧客からのニーズに応じてこれらを統合し、柔軟に提供できる仕組みを整えて初めて、「攻め」のDXが可能になる。この鍵こそ「API」だ。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部