2018年05月30日 10時00分 公開
PR

多過ぎる課題に、検討すら進まないWindows 10移行期限まであと少し 悩むIT担当者の足を進める「堅実」な秘策とは

Windows 10への移行期限が目前に迫りつつある。アップデート方法の変更や更新ファイルの大容量化など、課題が幾つも指摘される中、それらを解決する有効な手段とは。

[ITmedia]

 「Windows 7」のサポートが終了する2020年1月14日まで、残り2年を切った。Windows 7から「Windows 10」への移行は急務の課題だ。手間を惜しんでいる間にサポートが終了してしまえば、悪意を持った攻撃者にセキュリティの不備を突かれ、手痛いしっぺ返しを食らう可能性が高い。

 ただ、そのことを十分理解していても「どう進めるべきか悩んでいて、手を付けられない」というIT担当者も少なくない。一言に移行といっても検討すべき課題は多い。

 例えば、半年ごとに提供される機能更新プログラムの対応や、そのアップデートファイルが数GBと大容量になったこと。マスターとなるイメージの作成や管理が従来よりも考慮が必要になったことなどだ。

 本稿では、それらの課題を解決に導く“最適解”を紹介しよう。

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部