2018年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

0.5歩先の未来を作る医療IT紙の問診票をタブレット問診やWeb問診ツールに置き換える5つのメリット

Webサイトやタブレットから入力できる「問診システム」が登場しましたが、いまだに紙の問診票を使い続けている診療所も少なくありません。問診システムに置き換えるメリットについて解説します。

[大西大輔,MICTコンサルティング]

 前回「病院だけでなくクリニックの受付も完全自動化する日は近い?」では、自動再来受付機や自動精算機の導入が診療所にも進む、少し先の未来について考察しました。今回は、最近注目を集めている「問診システム」の活用について解説します。

問診票はなぜアナログのままなのか

 診療所では電子カルテの普及が確実に進んでいます。市場調査会社のシード・プランニングが2017年8月に発表したデータでは、2016年末の診療所向け電子カルテ普及率は約34.2%という結果でした。筆者が電子カルテの普及に関与したのは2002年ですが、それから約16年たってようやく「普及が確実に進んだ」という実感を持つことができました。

 電子カルテが診療所の業務効率化やペーパーレスの中心的な役割を担っているのに、なぜか相変わらず紙が残っています。その代表例は、患者が記入する「問診票」です。電子カルテや画像ファイリングシステムを導入して、カルテやレセプト、エックス線フィルムをデジタルデータに置き換えたのに、問診票は相変わらずアナログのままという診療所が少なくありません。なぜ、こんなことが起きているのでしょうか。

 診療所では、患者が記入した紙の問診票を受け取った受付スタッフが、電子カルテに一生懸命打ち込んでいるシーンをよく見掛けます。字が読めなかったり、記入漏れがあったり、大切な部分が空欄だったりすると、再度確認が必要になることも少なくありません。人間ですから転記ミスもあり得ます。こうした業務を手間と感じているスタッフも多いでしょう。

問診票は何のためにあるのか

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...

news050.jpg

ふくおかFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム提供へ
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、ブロックチェーン関連技術...

news043.jpg

Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそ...