2018年06月04日 10時00分 公開
PR

「攻める」運用担当者が実現するITインフラDX成功の鍵は、ITインフラの高速化

「ITによるビジネス貢献」を推進する手段の1つがITインフラだ。エキスパートによる座談会で、ビジネスに貢献するための具体的な道筋が示された。

[ITmedia]

 ITでビジネスを変革する「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の流れが加速している。DXに求められるのは、業務担当者やアプリケーション開発担当者からの要求(ニーズ)の変化に追い付ける、スピーディーなオンラインサービス開発の体制だ。

 はやり廃りの激しいオンラインビジネスの世界で、さまざまなサービスを展開し続けるためには、どのようにして高速な開発体制を整えればよいのだろうか。オンラインビジネスで成長を続けている、ある企業の運用担当者は「DX実現の鍵はITインフラだ」と語る。これはオンラインビジネス特有のことではなく、一般的な企業にとっても当てはまるのではないか。

 激化する競争を勝ち抜くために、運用担当者はこの状況にどう対処すべきなのか。本稿ではエキサイトの福田貴司氏を始めとする運用のエキスパート4人による座談会から、DX時代で目指すべきIT基盤の姿や、運用担当者の在り方を解き明かす。

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、ネットアップ株式会社

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、ネットアップ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部