2018年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

データ品質に関するチェックリストビジネスプロセス変革の大敵「不良データ」をどう対処するか

不良データはビジネスプロセス変革を阻害する。CIO(最高情報責任者)はこの問題を解決するために何をすべきか。まずはデータ品質に関わるチェックリストに回答してみよう。

[Dan Morris,TechTarget]

 あなたの会社のデータ品質に関わる以下の質問に目を通していただきたい。

  • データ管理チームはどのデータ要素についても、使われている可能性のあるアプリケーションを全て把握しているか
  • データ管理チームは、アプリケーションが使用する各データベースにおけるデータのフォーマットを把握しているか
  • 個々のデータの更新が、そのデータの存在する全ての場所で行われるか(あるデータが出現する場合のいずれにおいても、そのデータの最新バージョンが出現するか)
  • チームは、各アプリケーションにおけるデータ要素の最新の定義を完全に理解しているか
  • アプリケーション間のデータ移動を示すモデルは最新に保たれているか
  • 自社の専門家は、データがアプリケーション間を移動する際に、どのように変換されるかを把握しているか

 あなたがこれらの質問に「はい」と答えたなら、それは素晴らしいことだ。これまでの取り組みが順調であり、そのまま進めば、アプリケーション内の全データの正確性を確保できる。さらに重要なことに、経営陣に対し、社内の全てのデータ要素がその存在場所にかかわらず、同じ価値を持っていることを保証できるようになるだろう。つまり、デジタルエコノミーにおけるビジネスの成功を、IT部門がサポートする態勢が整っているということだ。

 しかし、大抵のCIOは、上の一部または全ての質問への答えが「いいえ」であるはずだ。実のところ、この状況は70年近くにわたって形作られてきている。それは、デジタルビジネスプロセスを変革する取り組みの大部分において、障害となっている。

データの混乱

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...