2018年06月06日 10時00分 公開
PR

ハイパーコンバージドインフラ(S2D Ready Node)で一挙解決目前に迫るWindows Server 2008サポート終了、「HCI」は解決策になるか

Windows Server 2008延長サポート終了目前。移行計画でチェックしたいのが「ただの置き換え」ではないアイデアを組み込んだ成功事例。成功ユーザーの目の付けどころは。

[ITmedia]

 2020年1月に迫る「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了。既存ユーザーは、サーバの置き換えを検討せざるを得ない状況だ。ここで注意しておきたいのは、現在の構成で置き換えるだけではリプレースの「うまみ」を最大化できない点だ。

 例えば、Windows Server 2016への移行を視野に入れるならば、注目を集めるストレージ周りの機能強化やHyper-V環境の移行、運用の方法も調査しておきたい。

 また、バージョンや構成が異なる複数のシステムの運用をどう効率化するかも、できるだけ多くのアイデアや事例を知って最適解を見つけたいところだ。

 本稿では、実際にWindows Serverリプレース計画をきっかけに、既存運用ノウハウを生かしつつ、システムの「負債」を一気に解消した企業の取り組みを追った。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部