2018年06月05日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

クラウド移行のQ&A:データセンターとクラウド間のモビリティを促進するヒント

クラウドネイティブなアプリは一般普及が進んでいるものの、従来の基幹業務アプリの多くはクラウド移行に苦労しているものだ。このQ&Aでは、クラウドストレージに関する一般的な課題を取り上げ、問題解決のヒントを紹介する。

[ITmedia]

 多くの企業が柔軟性の向上とコスト削減を目指して、クラウドへの移行を進めている。しかし、クラウドネイティブなアプリやコンテンツアプリの利用が拡大している一方で、従来のエンタープライズアプリの多くがクラウドへの移行に苦戦を強いられている。

 このQ&Aでは、クラウドストレージに関連する一般的な課題を取り上げ、企業の抱える主な懸念事項の解消にHPE Cloud Volumesがどのように役立つかについて説明する。

  • 従来のエンタープライズ アプリケーションのクラウド移行にあたり、経営幹部が通常直面する課題とは?
  • エンタープライズ アプリケーションのクラウド移行におけるデータモビリティのメリットとは?
  • データモビリティでベンダーロックインを解消できる理由とは?
  • 組織が抱える懸念を解消するソリューションとは?
  • HPE Cloud Volumesの機能、そして他のクラウドストレージ サービスとの違いとは?
ここから開始
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日