2018年06月08日 10時00分 公開
PR

HCIの制約事項を熟知したSIer選び実案件を基に解説する、既存システムからのHCI移行ノウハウ

HCIへのシステム移行は一筋縄ではいかない。実際のシステム移行案件を例に、HCI移行で検討すべき点や解決すべき課題など、貴重な実践的ノウハウを聞いた。

[ITmedia]

 運用管理負担の軽減やリソースの利用効率改善といったメリットから、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の採用例が増えている。登場当初こそ、HCIの内部で利用されているSDS(Software-Defined Storage)などの新技術に対する不安の声もあったようだが、実績が積み上がるにつれてそうした不安は解消され、メリットの方に注目が集まるようになってきた。

 とはいえ、HCIは新しいアーキテクチャに基づくインフラストラクチャ製品であり、従来型のシステムとの単純な置き換えで導入できるとは限らない。HCI導入を成功させるためには、HCIの特徴や既存システムとの違いについて熟知するシステムインテーグレーター(SIer)の助力を得るべきだろう。今回はHCIへのシステム移行案件に豊富な経験を持つSIerから、HCI移行の際に注意すべき点など、具体的なノウハウについて聞いた。

提供:リコージャパン株式会社

提供:リコージャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部