2018年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

技術が人に与える影響を掘り下げる医療ITのスタートアップ企業が医療業界に参入する余地はあるか?

2018年の医療情報管理システム学会(HIMSS)にて、医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、デジタルトランスフォーメーションや、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーとの関わりについて見解を語った。

[Scott Wallask,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | データ分析 | 電子カルテ


インドゥ・サベイヤ氏 インドゥ・サベイヤ氏

 医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーが相互に影響する仕組みについて、見解を簡単に示した。医療IT分野において、サベイヤ氏は医療情報管理システム学会(The Health Information and Management Systems Society:HIMSS)でHealth 2.0部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めている。このHealth 2.0部門は、新しい医療技術やベンダーに関する市場調査やカンファレンスの運営を担っている。サベイヤ氏は映画製作者でもあり、短編映画の脚本や監督もしている。

 サベイヤ氏は2018年3月5〜9日に開催したHIMSSカンファレンスでTechTargetのインタビューに答えた。このインタビューでは、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションの意味や、スタートアップ企業が医療業界に参入する方法について意見を聞いた。

編注:本稿はこのインタビューの抜粋です。

――医療ITには現在、エンタープライズレベルの企業が多数参入しています。スタートアップ企業の目から見ると、この分野は近寄り難い印象があります。医療ITのスタートアップ企業がこの業界に参入する余地は残されていますか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...