2018年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

最新動向に遅れてはいけないWi-Fiについて私たちが学び続けなくてはいけない理由 (1/2)

企業は、社内のエンジニアがワイヤレスネットワークについて適切なトレーニングを受けることに、注意を向ける必要がある。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | IEEE 802.11ac


進化を止めないワイヤレスネットワークの動向についていくには?《クリックで拡大》

 ワイヤレスネットワークの構築には常に特殊なスキルセットが必要だ。ワイヤレスネットワークがより複雑化する中、最新の技術動向を把握しておくことは簡単ではない。一方で、一緒に働く同僚や上司がその動向に無関心だとしても、技術開発の進歩を把握しておく必要はある。

 リセラーのインストール作業者やシステム設計者は、最新情報に疎い営業担当者にひやひやさせられているかもしれない。彼らは実現不可能なWi-Fi環境を売り込むことがあるからだ。無線LANの専門家とIT業界内の他分野の担当者との間には絶対的なギャップが存在し、そのギャップを埋めるには、多くのトレーニングが必要となる。

 Wi-Fi関連の業務を職業としている人たちの間でさえ、そのスキルには明白な差がある。信頼され続けるためにはトレーニングを受けることは必須であり、逆に、最新のワイヤレストレーニングを受けていないことは、複雑化している分野で停滞してしまう懸念がある。置いてきぼりにされたら救いようがない。

Wi-Fiネットワーク導入はなぜ混乱するのか

 筆者は幸運にも、初期からワイヤレスネットワークの進歩を目の当たりにしてきた。筆者はIEEE 802.11bが代表的な規格であった頃に、ワイヤレス分野でキャリアの第一歩を踏み出した。その当時の無線LANクライアント端末の数は、現在と比べてはるかに少なく、通信速度は遅かった。そのため、一般的には電波が届く範囲がキャパシティーよりも重要と考えられ、無線LANはイーサネット環境の補足的な位置付けであった。

 Wi-Fiがすぐに普及し始めたのは、特に注目すべきことではない。802.11a/gが標準となったとき、54Mbpsというデータ通信速度は、増大する無線LANユーザー人口の拡大を後押しした。ノートPCは小型化され、さらに多くの無線LANベンダーが市場に参入し、ワイヤレスが主流となった。そして、802.11nの登場により、完璧にその状況は変わった。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...