2018年06月10日 15時15分 公開
インフォメーション

Computer Weekly日本語版IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げる理由

ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!

[ITmedia]

重要度が増した組み込み市場

「Windowsよりマシなもの」=Chrome OS?

 Intelは「Xeon D-2100」シリーズを発表した。これはシステムオンチップ(SoC)プロセッサで、Skylakeコアがベースだが「スペースや電力に制約のあるネットワーク向けアプリケーションのニーズに応える設計だ」と同社は主張している。

 わずか数週間後、AMDもサーバチップと「Ryzen Embedded V1000」シリーズをベースにした「EPYC Embedded 3000」シリーズを発表した。「Ryzen Embedded V1000」シリーズは同一チップ上にCPUコアとGPUコアを実装したRyzenデスクトッププロセッサをベースにしている。

 今、両社がこの市場を重視する理由とは何か。

無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」に全文を掲載しています。

ALT ダウンロードはこちら

バックナンバー