2018年06月28日 10時00分 公開
PR

クラウドシフトを成功させるためのエッセンス基幹系のクラウド移行が本格化、選ぶべきパブリッククラウドの基準

クラウド活用は「試しに使ってみる」から「本格的に移行する」へと変わってきている。オンプレミスと変わらない信頼性を提供するクラウドベンダーの技術とは。

[ITmedia]

 新規でビジネスを始めるスタートアップ企業から利用が始まったクラウドコンピューティングは従来、クラウドに適したアプリケーションの利用が活発だった。いわゆるユーザーとのつながりを構築するSoE(Systems of Engagement)のアプリケーションだ。

 一方で、日本企業をはじめ、世界の大企業でこれまで使われてきたのは基幹系システムをはじめとするSoR(System of Record)と呼ばれるアプリケーションだ。SoRアプリケーションは高信頼なエンタープライズ向けのインフラが必要で、オンプレミス以外ではフィットしないと思われてきた。

 ただ、そのオンプレミスにも柔軟性や、運用管理コストの低減などが継続的に求められる中、エンタープライズクラスの信頼性とサポートを兼ねそろえる、従来からレベルアップしたクラウドが注目されている。キーワードは従来のオンプレミスのシステムをクラウドにそのまま上げて、オンプレミスと同様の信頼性とクラウドのメリットを得る「リフト&シフト」だ。これらクラウドの新時代を担うプロバイダーやパートナーの声を紹介しよう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部