2018年06月28日 10時00分 公開
PR

シームレスな連携を実現する鍵オンプレミスのVMware環境を無理せずクラウドへ、ユーザー納得の現実解とは

企業で広く使われるVMware vSphereによる仮想環境をパブリッククラウドに移すことでオンプレミスとクラウドの双方のメリットを得られる。その方法とは?

[ITmedia]

 企業で使っているシステム全てをクラウドに移行できると考えるのはあまりに楽観的だ。コンプライアンスやセキュリティの観点からどうしてもオンプレミスで運用する必要のあるシステムは存在する。「クラウド移行ありき」は全ての企業においては正しくない。しかし、オンプレミス環境においてもシステム投資や運用管理コストの適正化は強く求められている。

 その中で、注目されるのがオンプレミスとパブリッククラウドをうまく使いこなすハイブリッド型のクラウド利用だ。ハイブリッドクラウドであれば、オンプレミスの安定性とクラウドの拡張性という双方のメリットを得ることができる。ただ、2つの環境は、異質なものであり、新しいアーキテクチャの導入が必要だったり、運用管理が複雑化したりという課題が残る。そこで、浮上しているのが多くの企業が採用をしているVMware vSphereベースの仮想環境を、そのままクラウドに移行するソリューションだ。これであれば運用管理作業はオンプレミスとほとんど変わらず、必要になればオンプレミスに戻すことも容易だ。ハイブリッドクラウドを実現するための現実解ともいえる「VMware on Cloud」のメリットを識者が語り合った。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部