2018年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

IT担当者にとって悪いことではないが……Extreme Networksなどベンダーの巨額買収が企業のネットワーク管理に及ぼす影響 (1/2)

ネットワークベンダー同士の統合が進んでいる。だが、ネットワークの専門家は、こうした統合による変化が企業のネットワーク管理に及ぼす影響を真剣に考えなければならない。

[Steve Zurier,TechTarget]
画像 ベンダーの統合がネットワーク管理に及ぼす影響とは

 アウトドア用品の小売企業REIは、ネットワーク接続の大幅な強化を必要としている。同社は、アウターウェアやキャンピング用品でも著名だが、共同組合方式のビジネスアプローチ(コープビジネスアプローチ)と環境管理プログラムでもその名が知られている。REIは、企業広域ネットワーク(WAN)を強化するため、2016年にViptelaのソフトウェア定義WAN(SD-WAN)製品に切り替えた。ViptelaはSD-WAN製品を提供する企業である。

 2017年にCisco Systems(以下、Cisco)がそのViptelaを6億1000万ドル相当で買収した。だが、REIでITネットワーク管理者を務めるアダム・バートン氏によると、同社にとってその買収は金額以上の価値があるという。同社がViptela製品の購入を決断したのは正しかったことが、この買収によって証明されたと同氏は考えている。

 REIは米国全土に147店舗を構え、同社の従業員共同組合プログラムには600万人の加入者がいる。また、実店舗以外にオンラインストアも運営する。さらに、多数のアウトドア活動や教育プログラムも全世界で主催している。バートン氏によると、最も重要なのは企業ネットワークの管理だという。

 SD-WANに移行したことで、REIのMPLS(ラベルを使ったパケット転送方式)コストは60%削減され、提供できるネットワーク帯域幅が倍増しているとバートン氏は述べる。Viptelaのルーティングによって、IT部門は最も効率的なWANのリンクにデータを移行するのが容易になったと同氏は付け加えた。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...

news050.jpg

ふくおかFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム提供へ
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、ブロックチェーン関連技術...

news043.jpg

Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそ...