2018年06月15日 08時00分 公開
特集/連載

魅力は省電力Microsoftが復活させたMAID(Massive Array of Idle Disks)とは?

Microsoftは、Azureデータセンターの一部にMAID「Pelican」を展開しているという。過去に一時期話題になったMAIDとは何か。なぜ今MAIDなのか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 一昔前、当時のストレージジャーナリストが夢中になった新しいテクノロジーがある。それが、「MAID」(Massive Array of Idle Disks)だ。これは、基本的にはHDDベースの機器で、多くのドライブを搭載する。搭載されているドライブは未使用時にはモーターが停止するため、使用頻度が低いデータに適していた。

Computer Weekly日本語版 6月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 主な魅力はテープよりも短いアクセス時間にある。HDDの電力費と冷却費の一部または大半を節約できるのも魅力だった。MAIDの先駆けとなったのは英国企業のCopan Systemsだ。だが、大手ストレージメーカーやあまり名が知られていないメーカーも少しの間この分野に参入していた。

 10年もしないうちにCopanはSGIに吸収された。そして、MAIDは行き詰まりを見せた。この間さまざまな意見があった。HDDの電源のオン/オフを繰り返すのは適切ではないという指摘から、まだテープほど安価ではないという単純に経済的な点まで多岐にわたった。

 だが、MicrosoftはMAIDに似た独自のアレイを自社の「Azure」データセンターに展開しているという。2018年4月シドニーで行ったプレゼンテーションでこう話したのは、同社のCTO(最高技術責任者)マーク・ルシノビッチ氏だ。

 このアレイは「Pelican」と呼ばれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。

news093.jpg

コンプライアンス対策、「何もしていない」企業がいまだに半数近く――共同ピーアール
働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査です。