2018年06月15日 10時00分 公開
PR

ランサムウェアをブロックするクラウドバックアップこれがランサムウェア対策の決定打、暗号化させないクラウドバックアップとは

ランサムウェア対策として今、バックアップが脚光を浴びている。特に注目したいのは、ランサムウェアを検知、遮断する機能を持つクラウドバックアップだ。

[ITmedia]

 ディザスタリカバリー(DR)や事業継続という目的において、バックアップはなくてはならない施策だ。2016年ごろから、猛威を振るうランサムウェアへの対策として、バックアップを重要視する企業が増加した。

 サイバー攻撃を受けてから慌てて対応するのではなく、事前に「事後」の迅速な体制を整え、バックアップデータから一刻も早い復旧を行うことで、ビジネスのダウンタイムが最小限に抑えられる。しかしランサムウェアも巧妙化し、バックアップデータを狙って暗号化するものが現れた。単にバックアップをするだけでは、もはや十分なランサムウェア対策とはいえないのだ。

 本稿では、バックアップ体制の見直す上で、1つの解決策となる「クラウドバックアップ」を解説する。ランサムウェアにバックアップデータを暗号化させない機能を持つ次世代バックアップの実力とは?

提供:アクロニス・ジャパン株式会社

提供:アクロニス・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部