2018年06月18日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

徹底比較:仮想環境構築で選ぶべき新世代HCIはどれだ?

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場には多数のベンダーが参入しているが、各社の製品にはそれぞれ異なる長所と短所がある。Cisco Systems、NetApp、Nutanix、HPEのHCI製品を比較分析し、選定に当たって注目すべき点をまとめた。

[ITmedia]

 急成長を続けるハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場には多数のベンダーが参入している。各社の製品にはそれぞれ異なる長所と短所があるため、最適な製品を選ぶにはまず共通の用語と定義を確立することが重要だ。

 本稿ではHCIのメリットを説明するとともに、HCI製品の選定に当たって注意すべき点について実用的かつ実践的なアドバイスをまとめた。さらに、主要な4つのベンダー(Cisco Systems、NetApp、Nutanix、HPE)について、それぞれの企業が採用している独自のアプローチを紹介し、その違いが何を意味するかについても解説。具体的な製品を取り上げ、以下の4つの観点で比較分析をした。IT部門の製品選定の一助としてほしい。

  • データの容量効率
  • 仮想マシン中心の管理方法
  • データ保護(バックアップなど)
  • 耐障害性
ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日