2018年06月28日 10時00分 公開
PR

「要件を全て満たすクラウド」も現実に「理想の環境は手に入る」 利用企業が明かすパブリッククラウド選び

パブリッククラウドを利用する企業は多いが、安易な選択は後々自分の首を絞めることになる。そこで、クラウド選びで失敗しないためには何に着目すればよいか理解しよう。

[ノーバジェット,TechTargetジャパン]

 クラウドの利用が広がる中、パブリッククラウド選びの従来の常識が変わりつつある。これまで広く使われてきたクラウドは、クラウド上に一からアプリケーションを立ち上げるような使い方を得意としてきた。しかし、基幹系アプリケーションでは、信頼性の高いインフラが求められ、また、別の要件が求められる。

 オンプレミスシステムからの移行のしやすさやグローバル対応、そしてクラウド移行後の革新的な技術の利用などが次世代パブリッククラウドの要件として挙げられる。加えて、実装するには適切なパートナーの支援が必要だ。クラウドに本気のユーザーが注目すべきパブリッククラウド選びの新基準とは? クラウドの最先端を知るパートナーが語り合った。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部