2018年06月24日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネス上の収益性向上にも期待が持たれる「5G」は単なる次世代通信ではない 5Gに秘められた可能性とは?

各社が第5世代移動通信システム(5G)サービスの開始予定を発表している。だが多くの人にとっては、5Gにどんな意味があり、どう収益に結び付き、どんなスケジュールで展開するのかもよく分からない状況にある。

[Tim Wright,Computer Weekly]
Computer Weekly

 第5世代移動通信システム(5G)のモバイルネットワークについては、「単なる4Gの高速化」という見方から、「ネットワーキングの未来そのもの」という見方まで、多くの説が唱えられてきた。しかし今、ようやく5Gの概念がはっきりする段階に入り、技術が開発され、実験用の設備が稼働し、実験が始まっている。

 モバイルネットワーク事業者は今、計画を立てる立場にある。実際に複数の事業者が、5Gを使った何らかのサービスの開始予定を発表した。それでも多くの人にとっては、5Gに何が求められているのかも、それがユーザーにとってどんな意味があり、どう収益に結び付き、どんなスケジュールで展開するのかも、現実と誇大宣伝との違いも、いまだ分からない状況だ。

 Institute of Telecommunications Professionals(ITP)が2018年5月に英国で開催したセミナーは、こうしたテーマを扱っていた。セミナーには100人以上が出席し、BT、Cisco Systems、英国5G諮問委員会、Nokiaの専門家が登壇した。

機能ブロック

 BTの主席ネットワークアーキテクト、アンディ・サットン氏は、機能ブロックに関する5Gネットワークアーキテクチャについて解説した。このアーキテクチャは、例えば低遅延が求められる用途や、緊急サービス、上りの高帯域幅、スタジアムの観客といった用途に対する認識に基づいている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。