2018年06月28日 10時00分 公開
PR

オンプレミスを生かすクラウド事例:通信コストが3分の1、通信速度が安定――クラウド移行の明暗を分けるもの

すぐに全てをクラウド移行できるとする夢物語をよそに、基幹系システムを運用する多くの企業は現実味のあるクラウド移行とオンプレミス活用を考える。事例が語る真実とは?

[ITmedia]

 パブリッククラウドの導入事例が増えるに従って、オンプレミス環境で運用していた情報システムをクラウドに移行したいと考える企業が増加している。しかし日本企業のIT事情を鑑みれば、現状は、クラウドよりもオンプレミスでの利用が圧倒的に多い。とりわけ基幹系システムのようなSoR(Systems of Record)に属するシステム基盤の場合、クラウド移行に踏み出しているケースは少ないだろう。

 だが、その流れが変わりつつある。基幹系システムなどのエンタープライズ・アプリケーションを稼働させることに適した高信頼なクラウドインフラに加え、テクノロジーや移行を支援するツール、導入・運用を支援するパートナーの態勢が充実してきたことが理由だ。多くの企業ではエンタープライズ・アプリーケーションの稼働環境としてクラウドと従来のオンプレミス環境との最適な使い分けを模索している。本稿では、これまで多数のクラウド移行を支援してきたベル・データ、エルテックスの2社に、クラウド移行の事例、そしてオンプレミスとの適材適所について聞いた。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部