2018年06月27日 10時00分 公開
PR

大型アップデートはこう乗り越えろファイルをPC同士が伝達――Win10アップデートの明暗を分けるもの

半年ごとのWindows 10大型アップデートをどう乗り越えればよいのか。ある企業では早くも最適なアップデート適用の方法を実践した。情シスに救いの手を差し伸べる手法とは。

[ITmedia]

 「Windows 10の大型アップデートにどう対応すればよいのか」と悩む情報システム部門は多い。マイクロソフトは、Microsoft Windows 10のリリース以降「Windows as a Service」をコンセプトに掲げ、メジャーバージョンアップによる大幅なアップグレードではなく、半年ごとのFeature Updateを提供する方針に切り替えた。ユーザーが最新のテクノロジーやセキュリティ対策を享受できるように、という狙いがある。

 しかし、情シスは半年という短いサイクルの中で、マスターを作成し、動作検証を行い、全社に展開しなければならない。また、大型アップデートに伴うネットワークの負荷も心配だ。頼みのWSUS(Windows Server Update Services)も厳密な配信管理ができず、機能不足だという。

 こうした課題に対して、ある企業では早くも最適なアップデート適用の方法を社内で実践し、スムーズなWindows 10の運用に成功した。Windows 10大型アップデートの課題を解決し、PC1台当たり月額200円で実践できる手法とは。

提供:横河レンタ・リース株式会社

提供:横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部