2018年07月02日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

クラウドファースト時代だからこそ考えたい、オンプレとクラウドの使い分け

デジタルトランスフォーメーションを支えるITインフラのあるべき姿とはどのようなものだろうか。セミナー「そのクラウド化計画は妥当ですか? 〜自社システムを棚卸して考えたいオンプレとクラウドの使い分け」から、その最適解を探る。

[ITmedia]

 企業経営から見た「IT」の捉え方は時代を経て大きく変化している。かつてIT予算は業務効率化のための投資であり、次第にIT予算自体の管理コスト増大が問題視されてIT予算削減に本腰を入れるようになった。そして近年、スマートフォンが登場した頃からIT予算は、新しいビジネスを発掘するための投資と見なされるようになり、「デジタルトランスフォーメーション」がトレンドとなった。最新のビジネス環境を支えるITインフラのあるべき姿とはどのようなものだろうか。

 ヒントとなるキーワードは「ハイブリッドIT」だ。ITインフラがパブリッククラウドであろうと、オンプレミスであろうと、全てをシームレスに連携することで生まれる価値がある、と専門家は語る。朝日インタラクティブが2017年7月に開催したセミナー「そのクラウド化計画は妥当ですか? 〜自社システムを棚卸して考えたいオンプレとクラウドの使い分け」の内容を基に、最適解を探っていきたい。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日