2018年07月02日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

ITインフラの使用効率を最大化する「4つの要件」

次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになってきたが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。このような新旧のアプリケーションが混在する転換期でも、ITインフラの使用効率を最大化するための方法を探る。

[ITmedia]

 現在、多くの企業がデジタルエコノミーの実現に向けて、ITへのアプローチを転換しつつある。しかし、従来型アプリケーションはいまだに現場で必要とされており、単純にITインフラを次世代アプリケーション環境へ移行すれば済む話ではない。

 そこで注目されているのが、従来型アプリケーションのコスト構造を改善し、次世代アプリケーションに必要な俊敏性を提供する新たなITインフラの形だ。その最大の特徴は、共通APIでアプリケーションに必要なハードウェアリソースを最適に割り当て、ITインフラの使用効率を最大化できることだ。

 本コンテンツでは、このようなソフトウェア定義されたITインフラの仕組みを分かりやすく解説。近い将来に訪れる、新旧アプリケーションが混在するIT環境で、インフラ使用効率を最大化するための要件とはどのようなものか、詳しく見ていこう。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日