2018年07月02日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

HCI導入を増加させる重要な市場動向、新世代HCIが選ばれる理由は?

ITインフラの運用コスト急増は見過ごせない課題となり、データセンター資産の調達と管理に関する既存の手法を見直す企業が世界中で増えている。こうした課題を解決する新世代HCIの投資対効果を検証した。

[ITmedia]

 テクノロジーの進歩によりデータセンター全体の可用性やパフォーマンスは改善され、これまでにないレベルにまで引き上げられた。しかし、今では膨らむ運用コストをいかに減らすかを課題として捉える企業が少なくない。運用コスト削減を目指す企業の間では、専門スタッフのサイロ化や柔軟性のないデータセンターインフラへの依存を減らす取り組みが始まっている。

 ソーシャルメディアやモバイル、クラウド、データ分析などのテクノロジーをビジネスに組み込む世界的な潮流も、データセンターの変革を目指す流れを後押ししている。ビジネスで頻繁かつ迅速なデータのやり取りを求められる現代において、IT運用効率を軽減する手段の1つとして選ばれているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。日々進歩するITとともに、課題も高度化、複雑化する。これを解決する策として、HCIも急速な進化を遂げている。

 本稿では、HCIが選ばれる重要なIT市場の課題と動向を整理しつつ、新世代のHCIである「HPE SimpliVity」の特徴や投資対効果を検証し、導入企業の声から「選んだ理由」「導入後の変化」を紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日