2018年07月03日 05時00分 公開
特集/連載

効率的な病院経営が可能に医療の現場でAIにできることとは

患者データ分析に人工知能(AI)技術を利用すると、病院の効率的な運営につながる可能性がある。AIの導入を検討する医療機関向けに、現場でのAI活用例を紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

ビッグデータ | データ分析 | 医療IT


画像

 人工知能(AI)技術の導入は、医療業界にとって患者の治療、医療費、予後を改善する大きなチャンスをとなる。AIの導入状況は病院ごとにまちまちだ。まだAIを導入していない病院のCIOでも、医療システムへのAI導入を視野にいれ、AIを活用できる分野を調査することがある。こうした調査は、AIへの投資と導入に向けた最初の一歩となる。

 最近の病院は、請求、外来診療、スケジューリング、経営、動画、画像に関するデータを収集している。AIの進化は、病院内での患者データ分析を可能にする。病院はAIを用いて集めた情報を掘り下げ、効果的に使うことができる。医療データに対してAIを使うと、その予測と分析のアルゴリズムで、日々の病院運営だけでなく患者の治療にも大きな効果を得られる可能性がある。

 本稿では、AIの導入を検討する医療機関向けに、患者データ分析へのAIの活用例を紹介する。

精度の高い来院予測

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。