2018年07月12日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

HCI徹底比較:VMware VSANとHPE SimpliVityを5つのポイントで比べてみた

特に人気のあるHCI製品「VMware VSAN」と「HPE SimpliVity」を徹底比較。「ハイパーバイザーのサポート」「耐障害性」「データ効率」「データ保護」「統合型設計」という5つの要素を比較すると、それぞれの強みと限界が見えてくる。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、データセンターからリモートオフィスまでありとあらゆる現代企業にとって主要なITインフラの選択肢になりつつある。しかしHCIベンダーは世界中で10社以上あり、それぞれの構成パターンを合わせると、ユーザーのワークロードに合わせた最適な選択肢は数えきれないほど存在する。

製品選定に関わる意思決定者は、特に事前コストや総所有コスト(TCO)など、幅広い要素でHCIを評価する必要がある。HCIベンダー各社は独自の組み合わせによる特徴と機能を提供しているが、最も大きな違いは、管理、データ効率性、耐障害性、データ保護などの核となるソフトウェア要素だろう。

 本稿では、本稿では、特に人気のあるHCI製品「VMware VSAN」と「HPE SimpliVity」を徹底比較。「ハイパーバイザーのサポート」「耐障害性」「データ効率」「データ保護」「統合型設計」という5つの要素を比較すると、それぞれの強みと限界が見えてくる。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日