2018年07月17日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

オンラインセミナー:トラブルの9割を回避! AIによるストレージ自動運用とは

このオンラインセミナーでは、大規模かつミッションクリティカルなストレージ環境の自動運用や障害予測を可能にする人工知能(AI)予測分析基盤「InfoSight」および「HPE 3PAR StoreServストレージ」について学ぶことができる。

[ITmedia]

 ストレージ管理者を悩まし、サービスを中断させるストレージのトラブル。従来は人が監視し、障害発生後にできるだけ早く復旧させることが重要視されていた。しかし、人工知能(AI)技術の進展で障害の予測分析や自動運用が可能となった。これを実現する分析基盤が「InfoSight」だ。

 InfoSightを搭載した「HPE 3PAR StoreServストレージ」ならば、ミッションクリティカルなストレージ環境をどのように自動運用し、障害を回避できるようになるのだろうか。中〜大規模のミッションクリティカルなストレージ環境に携わる方、オンプレミスとクラウドのどちらを選ぶべきか悩んでいる方、AIによるインフラ自動運用に興味のある方に向けて、分かりやすく解説する。

 オンラインセミナー開催は2018年7月26日(木)11:30。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日