2018年07月17日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

ストレージ負荷軽減が急務となっている企業が、知っておきたい3つのこと

ストレージ管理業務では、負荷の高いベンダーサポートが日々発生している。だからこそ、今日のストレージに求められている要素は「パフォーマンス向上」だけではない。解決のための3つのキーワードとは。

[ITmedia]

 ストレージの管理には、ストレスや課題、時間の浪費がつきものだ。障害や無数のトラブルシューティング、負荷の高いベンダーサポートが毎日のように発生している。企業はこういった予測不能なトラブルや、フォークリフトアップグレードなどといった不測の事態に対応しながら、ますます複雑化する環境で無秩序に拡大するデータサイロに頭を悩ませている。

 だからこそ、今日のストレージに求められている要素は「パフォーマンス向上」だけではない。フラッシュストレージは高速で、パフォーマンスも向上するが、組織のインフラとして兼ね備えてほしい機能は、別の切り口だ。

 組織のストレージインフラの問題を解決するキーワードは「予測分析」「クラウド対応ストレージ」「ストレージエクスペリエンスの強化」の3つだ。本稿で、この3つの要素を詳しく紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日