2018年07月17日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

ファームウェアを狙うサイバー攻撃、次世代ハードウェアならではの防御機構とは

サイバー攻撃は日に日に巧妙化し、今日ではデータベース、ファームウェア、カーネル、ハードウェアなどへの攻撃も増えている。こうした動向にHPEはどのように対処し、脅威からデータを保護しているのか。

[ITmedia]

 サイバー攻撃はより巧妙化し、組織化された高度な攻撃者によるサイバー犯罪が増える中、被害にあった場合の企業のリスクや経済的損失も以前よりはるかに深刻になっている。

 サイバー攻撃が標的とするのはOSやアプリケーションだけではない。今日ではデータベース、ファームウェア、カーネル、ハードウェアなどへの攻撃も増えており、特に近年深刻化しているのが、ファームウェアを狙う攻撃だ。

 こうしたサイバー脅威の動向に、Hewlett Packard Enterprise(HPE)はどのように対処し、脅威からデータを保護しているのだろうか。本稿では、シリコンやファームウェア、サプライチェーン、製造プロセス、開発環境、ハードウェア、データセンター、クラウドなど、広範囲にわたるHPEのセキュリティ制御機構について解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日