2018年07月17日 05時00分 公開
特集/連載

表示の整合性を保つ企業幹部の心を動かす優れたデータ可視化、7つの実践手法

データの可視化によって表示するデータが正しく解釈されるには、表示の整合性が必要だ。本稿で紹介する設計手順に従えば、表示の信頼性を高めることができる。

[David Loshin,TechTarget]
代表的なデータ可視化ツールである「Tableau」(出典:Tableau Software)《クリックで拡大》

 手が加えられていないデータそのものがスプレッドシートやレポートなどに含まれていると、それを読み取るのは難しい。そのため、企業のデータセットに埋もれた情報をビジネスの意思決定者に伝えるには、優れたデータの可視化がますます重要になる。

 多くの企業では、グラフなどのインフォグラフィックを設計するよりも、データを可視化するプロセスの方が多く使われている。データアナリストとビジネスワーカーはどちらも、セルフサービス方式のBIツールやデータ可視化ツールを使って、可視化とテキストを織り交ぜたプレゼンテーションを作成し、データのストーリーを伝えようとしている。こうしたプレゼンテーションは、何も手が加えられていないデータや一連のグラフを見せるよりも、企業幹部の関心を得やすく、分かりやすくなる。

 だが、データサイエンスを専門家以外が担当することが主流になっている。分析ツールや可視化ツールを使う人の数も増えている。そのため、作成するインフォグラフィックやデータのストーリー表示の整合性を確保するには、正しい設計手順に従うことが不可欠になる。

 ここでいう表示の整合性(写実的な整合性)とは、可視化するデータの意味を正確に表現し、設計上の選択が本質的な事実や分析の成果をわい曲したり曖昧にしたりしないことを指す。ここからは、BIと分析戦略の一環として、表示の整合性を保つために推奨されるデータ可視化の実践手法を見ていく。

文章やグラフの信頼性を確保するには

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。