2018年07月27日 10時00分 公開
PR

ユーザーは何もしなくても大丈夫?「パブリッククラウドは安全」の盲点 ユーザーが考えるべきはリスク管理

セキュリティに対する安全性が認知され始めたパブリッククラウド。ただし、よりよく活用するためにはリスク管理の視点も重要になる。クラウド選びの新常識とは?

[ITmedia]

 パブリッククラウドは、事業者が最大限の投資と運用をしているが故に、ユーザーである企業自身が対策を講じるよりも強力なセキュリティ対策とデータ保全施策が実行されている──そうした認識が広まりつつあり、クラウドの安全性に対する懸念は一時期に比べて解消されているようだ。

 一方で正確な知識を得ないままに、クラウドサービスの安全性について誤解が生じているケースもある。

 オンプレミスシステムとは異なる“特別な対策”が必要だと考えている慎重なユーザーもあれば、クラウド事業者に全て任せることができると楽観するユーザーもある。その結果、上手に活用することができなかったり、不要なリスクを抱えてしまったりする恐れがある。

 本稿では、クラウドサービスの利用に当たってどのようなリスクがあるのか、サイバー攻撃対策の他にどのような視点で検討すればよいのか、詳しく解説しよう。正しく理解することで、クラウドサービスをより一層活用できるようになるはずだ。

提供:株式会社インターネットイニシアティブ

提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部