2018年07月30日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド

普及の進むハイパーコンバージドインフラを構成するSDSなどの技術解説と、6つのユースケース、導入における留意事項、ROIなど、ハイパーコンバージドインフラの価値を正しく理解するために必要な情報を解説した100ページを超えるe-Bookである。

[ITmedia]

 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとっては避けたい展開といえる。

 そこで、近年注目を集めているのが「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」だ。ITインフラの簡素化によるコストの削減をはじめ、導入の高速化や運用の効率化、高度なバックアップ/リカバリー機能によるリスクの軽減などを実現。ビジネスニーズに合わせたITインフラを、低コストで構築・運用できる。

 そのハイパーコンバージドインフラを構成するSDSなどの技術解説と、6つのユースケース、導入における留意事項、ROIなど、ハイパーコンバージドインフラの価値を正しく理解するために必要な情報を解説した100ページを超えるe-Bookである。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日