2018年08月01日 10時00分 公開
PR

現場主導のデータ分析を連鎖的に誘発「社員全員で分析」 2つのステップで勝ち取るBI導入の成功パターン

せっかく導入したBIから多くのユーザーが脱落し、Microsoft Excelにデータを取り込むためのツールとしてしか利用されない。そんな失敗に陥らないための秘訣(ひけつ)は?

[ITmedia]

 BI(ビジネスインテリジェンス)を導入すると、見た目の派手なダッシュボードの物珍しさになどに引かれ、多くの社員が「自分も使ってみたい」と興味を持ち、実際に使い始める。

 もっとも、そうした盛り上がりも最初のうちだけで、すぐに温度差が現れる。マーケティングや経営企画など、もともとデータ分析に対する一定以上のリテラシーを有する社員が集まった部門では、それなりに活用が進むが、他の業務部門ではデータをうまく読み取れない社員がどんどん離脱してしまうのである。

 そうこうしているうちに、BIは現場の業務ニーズに対応できないツール、エンドユーザーの身の丈に合わないツールとして、見向きもされなくなる。ふと気付けば、単に「Microsoft Excel」にデータを取り込むためのツールとなっているケースも少なくない。一体どうすればいいのか。次ページで探る。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部