2018年08月08日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

IT性能とデータ保護を強化、事例に学ぶハイパーコンバージド製品選びの決め手

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入は、システムの高可用性とともに、事業経費の劇的な削減をもたらす。ストレージの容量不足に直面したメーカーの導入事例から、レガシーシステムに対するHCIの優位性に迫る。

[ITmedia]

 傘やグローブなどの製造を手掛けるtotes Isotoner。同社は、複数ベンダーのサーバとSANアレイが混在するIT環境におけるストレージの容量不足に直面し、インフラストラクチャの刷新と拡大を検討していた。レガシーシステムを置き換えるために選んだのはハイパーコンバージドインフラ(HCI)のオールインワンシステムだ。

 単一ノードにインフラの全てを集約した新システムにより、同社はハイパフォーマンスと膨大なストレージを獲得し、課題だった容量不足は解決した。リモートオフィスへの拡大も検討していた同社にとって、システムがコンパクトになったことは特に重要だった。

 製品の選定では、25%も低い導入コストでありながら、はるかに大容量のストレージを搭載し、レガシーシステムと比べて数分の1の設置面積と消費電力を実現している点などが決め手になったという。本資料では、同社の事例を基に、長期的な運用でのトータルコストなどについても紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日