2018年08月09日 05時00分 公開
特集/連載

形だけではなく接続方法、通信方式にも注目徹底解説:SSDで評判の4つのフォームファクター 最適な利用方法は? (2/2)

[Robert Sheldon,TechTarget]
前のページへ 1|2       

M.2

 mSATAが登場した数年後の2013年に「M.2」フォームファクターが誕生した。より小型のSSDで、mSATAドライブを上回るパフォーマンスを備える。データの保存量も多い。この新しいフォームファクターは“エムドットツー”と発音する。これは、SATAとPCIeのインタフェースコネクターに加えてUSB 3.0にも対応する。AHCIプロトコルまたはNon-Volatile Memory Express(NVMe)プロトコルのいずれかを利用できる。

 PCIeコネクターはSATAなどの古いテクノロジーよりも遅延が少なく、転送速度が向上している。PCIeではバスごとに専用の接続があるため、帯域幅を求めて競う必要がない。このインタフェースは物理的な占有面積も小さい。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...