2018年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

安定性をとるか、性能をとるかMicrosoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは? (2/2)

[Tom Howarth,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Citrix HDX

 HDXの目的は、帯域幅が狭く、待機時間が長い状態で仮想デスクトップの使いやすさを強化することだ。この点はRemoteFXと似ている。

 HDXは3つの技術的な理念を基盤とする。1つはインテリジェントリダイレクションだ。画面の動作、アプリケーションコマンド、エンドポイントデバイス、ネットワーク、サーバ機能を調査して、アプリケーションやデスクトップの操作をレンダリング(再描画)する方法と場所を瞬時に判断する。この処理はローカルクライアントか、デバイスで発生することがある。

 クライアントのリダイレトは、サーバからタスクをオフロード(負荷分散)してクライアントに配置する。デバイスと周辺機器のリダイレクトでは、Webカメラ、プリンタ、スキャナーをローカルで終端処理することで、ユーザーが本来のUSBの速度でこれらのデバイスとやりとりできるようにする。

 2つ目は適応圧縮だ。

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。