2018年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

安定性をとるか、性能をとるかMicrosoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは? (2/2)

[Tom Howarth,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Citrix HDX

 HDXの目的は、帯域幅が狭く、待機時間が長い状態で仮想デスクトップの使いやすさを強化することだ。この点はRemoteFXと似ている。

 HDXは3つの技術的な理念を基盤とする。1つはインテリジェントリダイレクションだ。画面の動作、アプリケーションコマンド、エンドポイントデバイス、ネットワーク、サーバ機能を調査して、アプリケーションやデスクトップの操作をレンダリング(再描画)する方法と場所を瞬時に判断する。この処理はローカルクライアントか、デバイスで発生することがある。

 クライアントのリダイレトは、サーバからタスクをオフロード(負荷分散)してクライアントに配置する。デバイスと周辺機器のリダイレクトでは、Webカメラ、プリンタ、スキャナーをローカルで終端処理することで、ユーザーが本来のUSBの速度でこれらのデバイスとやりとりできるようにする。

 2つ目は適応圧縮だ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...