2018年08月13日 10時00分 公開
PR

大企業じゃないとムリ?今こそ検討すべき、システム内製化がもたらす真のメリットとは?

業務システムの開発や改修を内製化できないかと考える企業は少なくない。内製化がもたらすメリットを洗い出し、無理なく内製化を行うための手法を解説する。

[ITmedia]

 可能であれば、業務システムというものは、開発や改修を自社で賄う方が望ましいことは明確だろう。実際、米国などでは流動性の高い人事慣行もあってか、必要に応じて技術者を確保することで「システム内製」を基本とする企業は少なくないといわれる。

 しかし、日本ではよほどの大企業でもなければ、システム開発に慣れた人員を自前で多数抱えることは難しく、情報システム部門の限られたリソースは保守や運用業務に割かざるを得ないという企業は決して少なくない。

 ただ、現在ではITの十分な成熟により、情シスのリソースをむやみに費やさずに、システム内製化を実現することは決して難しくなくなった。そこで今回は、システム内製化によってもたらされるメリットをあらめて洗い出し、無理なくシステム内製化を実現する方法を考えてみよう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部