2018年08月13日 10時00分 公開
PR

案件管理、在庫・出荷管理、etc...なぜ、あの企業は全く異なる複数の業務を“一挙”に改善できたのか?

業務効率化、生産性向上、属人化解消など企業が取り組む課題は多い。部署ごとの解決では手間もコストもかかる。たった2人の情シスで業務課題を横断的に解決した事例とは。

[ITmedia]

 現在の企業においては、業務効率化、生産性向上、属人化など、多くの解決すべき問題が横たわっている。しかも、それらは全社で一括して解消できるものではなく、それぞれの部門における別々の手段による業務改善、あるいは個別のシステム化によって解決せざるを得ないものだ。そうした状況では、全体的に見れば手間もコストも無駄に膨らみ過ぎるため、なかなか手が付けられないのではないだろうか。

 そこで今回の記事では、情報システム担当者が2人しかいないにもかかわらず、案件管理、在庫・出荷管理、さらには情報システム部門自体の管理業務や経営管理に至るまで、さまざまな部門の業務効率や生産性の向上、そして、属人化解消など、複数の課題を横断的に解決することに成功し、現在でも改善の対象を広げ続けている企業の事例を紹介しよう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部