2018年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

マーク・アンドリーセン氏が語る「AIの冬」はもう訪れない そう言い切れる2つの理由

AI(人工知能)についてはこれまで何度も大きく宣伝され、そのたびに期待が急速高まり、失望するというサイクルを繰り返していた。今回はこれまでとは違い「AIの冬」は訪れないだろうと著名なAI専門家は話す。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | 機械学習


画像 ポイントは「見方を変える」こと

 AI(人工知能)への期待が再び高まっている。

 投資企業Andreessen Horowitzの設立者マーク・アンドリーセン氏は次のように話す。「今回はこれまでとは違うと評価している。AIテクノロジーは、現実的で細部まで配慮された方法で機能し始めている」

 サンフランシスコで開催された「Spark + AI Summit」での講演で、アンドリーセン氏はこれまで少なくとも5回のAIハイプサイクルがあったと話した。ハイプサイクルとは調査会社ガートナーが提唱する技術の成熟度などを表した図である。AIが進化する過程では、テクノロジーの小さな進化が過度な期待を生み、実際にはその期待に及ばないという現象を繰り返してきた。

今回は「AIの冬」は訪れない

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...