2018年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

デバイス管理ツールも紹介「iPad Pro」か「Surface Pro」か 導入と管理で比較するベストタブレット

ビジネスで利用するタブレットに最適なのはiPad ProかSurface Proか。IT部門はタブレットの導入と管理の方法も検討する必要がある。

[Kristen Gloss,TechTarget]

 企業にとってタブレットは多くの効果を生み出す。だがIT部門はまず、そうしたデバイスの選定と管理について把握する必要がある。

 スマートフォンのモバイル性に大型画面を組み合わせたタブレットは、多くの組織にとって利便性が高い。出先で働く担当者や販売員など常に移動しているユーザーは、持ち運びがしやすくベーシックな業務が簡単にこなせるエンタープライズ向けのタブレットを最も有効に活用できる。

 業務に最適なデバイスを選定するためには、従業員が具体的にタブレットをどう利用するかを理解して、そうしたデバイスを効率的に管理することが大切だ。

検討対象となる企業向けタブレットは

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...