2018年08月22日 05時00分 公開
特集/連載

激動ながら堅調なSAS SSD市場Western Digitalの15TB SAS SSD「Ultrastar DC SS530」は何がすごいのか 東芝、Samsungと比較

Western Digitalの新しいSAS SSD「Ultrastar DC SS530」は容量が15TBで、前バージョンから倍増した。エンタープライズ向けSAS SSD市場における東芝やSamsung Electronicsの動向と比較しながら、同社製品の特徴を探る。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 これからのエンタープライズ向けストレージ技術の主流は、超高速のNon-Volatile Memory Express(NVMe)ベースPCI Express SSDになるとみられているが、ベンダー各社はSAS SSDにもまだ将来性があると考えているようだ。

 2018年7月、Western Digitalは同社最高密度のエンタープライズ向けSAS SSDのサンプルをOEMパートナーに提供すると発表した。新しい2.5型SSD「Ultrastar DC SS530」は高密度、低コストの64層3D NANDフラッシュを採用し、旧モデル「Ultrastar DC SS300」の2倍となる最大容量15.36TBを実現する。2018年第3四半期末に生産準備が完了する予定だ。

 Western Digitalのエンタープライズ向けSSD製品管理シニアディレクター、エディー・ラミレス氏は「NVMeの人気が高まっているが、SASは今でも信頼性の高い安定したインタフェースだ。SASではHDDとSSDを混在させることが可能だ」と語った。

 SAS SSDはエンタープライズ向けストレージアレイの分野で依然として高い需要があり、サーバ側では、コンピューティング、ストレージ、仮想化のリソースを1つに統合するハイパーコンバージドインフラ(HCI)での需要拡大が見込まれる、と同氏は話す。SAS SSDはSAS HDDのキャッシュ層としても運用可能だ。

 「SASはHCIのようなシステムで今も非常に有効なインタフェースだ。特に、同じサーバ内でSSDとHDDの両方を使用するハイブリッドアレイに適している」(ラミレス氏)

Ultrastar DC SS530の製品概要

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...