2018年08月16日 10時00分 公開
PR

大企業同様のマーケティングを実現する中小企業が「もうかる仕組み」を作る方法

データを武器に顧客を優良顧客に育てる手法、それが顧客管理(CRM)。大企業と同じような最先端のデジタルマーケティングを中小企業でも実現できないだろうか。

[ITmedia]

 対面や電話に加え、メールやWebサイトといったITまでをも駆使して営業をかけているのに、「なぜか売り上げが伸びない……」と感じたことはないだろうか。

 やみくもにメールを送り、Webページを増やしても期待する効果は得られない。これらの活動においては、集めた顧客データをいかに有効活用し、施策を打てるかどうかが競合との勝敗を分けるカギになる。とりわけリソースの少ない中小企業は今後、徹底した効率化が必須だ。もはや、これまでの経験と勘を頼りにしたやり方では生き残れない。

 データを中核としたデジタルマーケティングの手段として、まず取り組むべきは顧客管理(CRM)だ。CRMによって顧客に関するあらゆる情報を集約し、それぞれの顧客に合った製品/サービスをしかるべきタイミングで提案するのだ。「一見(いちげん)さん」を優良顧客に育てることで、売り上げを伸ばし、長期的に「もうかる仕組み」を作る。そのためにITを活用したCRMツールが欠かせない。

 とはいえCRMツールにも多くの種類がある。やたら多機能でも値段が高いものは困るし、使いこなせなくては意味がない。中小企業がツールに過剰な投資をする余裕はないのだ。

 また、良いツールを選ぶことも重要だが、できることなら自社の状況をきちんと理解し、成果が出るように共に考え、新しい挑戦をサポートしてくれるパートナーから購入したい。 

 無理なく使えて投資対効果に見合うツールと信頼できるパートナーを選ぶにはどうすればいいか。次のページで詳しく紹介しよう。

提供:シナジーマーケティング株式会社

提供:シナジーマーケティング株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部