2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

イベント駆動型のアプローチに注意メインフレームにもサーバレス? その効果と注意点

サーバレステクノロジーはアプリケーションを近代化させる選択肢として登場した。だが、どのようなときでも最適というわけではない。

[Jan Stafford,TechTarget]
画像 サーバレスはレガシーアプリを救うのか

 Red Hatでプロジェクト管理のシニアディレクターを務めるリッチ・シャープルズ氏は、メインフレームを含むアプリケーションの近代化について、サーバレステクノロジー(以下、サーバレス)を使用できないか、と問い合わせを受けるようになった。そのため、このテーマに目を向けざるを得なくなっている。

 同氏はサンフランシスコで開催された「Red Hat Summit 2018」で次のように話した。「顧客はサーバレスの新しい用途を模索しているだけでなく、サーバレスを従来の複雑なプロセスを回避する方法だと考えている」

 メインフレームから4〜5世代の間のテクノロジーを飛ばして、すぐにサーバレスを利用するという考えは、2つのことを示しているとシャープルズ氏は話す。1つは近代化が喫緊(きっきん)の課題であること。もう1つはサーバレスのユーザーが伝統主義者(古い習慣を重視し、新しい習慣を否定する人)ではないことだ。

 同氏は「サーバレスはレガシーアプリの最新化に効果があるが、開発者は注意して進める必要がある」と述べる。

アプリの近代化におけるサーバレスのユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。