2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

イベント駆動型のアプローチに注意メインフレームにもサーバレス? その効果と注意点

サーバレステクノロジーはアプリケーションを近代化させる選択肢として登場した。だが、どのようなときでも最適というわけではない。

[Jan Stafford,TechTarget]
画像 サーバレスはレガシーアプリを救うのか

 Red Hatでプロジェクト管理のシニアディレクターを務めるリッチ・シャープルズ氏は、メインフレームを含むアプリケーションの近代化について、サーバレステクノロジー(以下、サーバレス)を使用できないか、と問い合わせを受けるようになった。そのため、このテーマに目を向けざるを得なくなっている。

 同氏はサンフランシスコで開催された「Red Hat Summit 2018」で次のように話した。「顧客はサーバレスの新しい用途を模索しているだけでなく、サーバレスを従来の複雑なプロセスを回避する方法だと考えている」

 メインフレームから4〜5世代の間のテクノロジーを飛ばして、すぐにサーバレスを利用するという考えは、2つのことを示しているとシャープルズ氏は話す。1つは近代化が喫緊(きっきん)の課題であること。もう1つはサーバレスのユーザーが伝統主義者(古い習慣を重視し、新しい習慣を否定する人)ではないことだ。

 同氏は「サーバレスはレガシーアプリの最新化に効果があるが、開発者は注意して進める必要がある」と述べる。

アプリの近代化におけるサーバレスのユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...