2018年09月04日 10時00分 公開
PR

「セキュリティ対策シンプル化」の近道「全方位的な脅威対策」は果たして実現可能なのか

攻撃者と企業の「いたちごっこ」が続く、終わりの見えない昨今のセキュリティ事情。そこに終止符を打つ打開策はあるのだろうか。

[ITmedia]

 「攻撃者が侵入できないように多層防御で完全にブロックしたい」「全てのIT環境を可視化して脆弱(ぜいじゃく)性を排除したい」「攻撃を受ける前に、入り口で確実に脅威を検知したい」。

 これらは企業にとって理想であるが、幻想でもある。既存のエンドポイントセキュリティを駆使して対策するも、攻撃者側もあの手この手を考え攻撃を仕掛けてくる。企業と攻撃者の「いたちごっこ」になっているのが現状だ。だからといって、今以上に高度な対策をとるには、予算やリソースの問題も関わってくる。今から人材を育成する時間もないという組織が大半であろう。

 より効率的かつシンプルにエンドポイントを保護することはできないのか。新たな脅威にどう対応するのが最善なのか。本稿では、その疑問について詳しく解説したい。

提供:CrowdStrike Japan株式会社

提供:CrowdStrike Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部