2018年09月07日 05時00分 公開
特集/連載

開発者から見たPaaSPaaSの余りあるメリットと、注意すべきリスク 比較時に聞くべき質問とは (1/3)

適切なPaaS環境があれば、開発者は「正しく動作するアプリケーションを作る」という最も重要な点に専念できる。だが、PaaS環境は新しいリスクももたらす。特にロックインに関するリスクが生まれる。

[Zachary Flower,TechTarget]
画像 ロックインのリスクはどこまで需要できるか?

 アプリケーション開発は複雑な仕事なので、企業には適宜多くの難しい決断が迫られる。どのようなテクノロジーを使用すべきか。監視の対応はどうするか。APIは必要か、といった具合だ。

 こうした決断はアプリケーションの構築方法を決定付ける。だが、そのためにはアプリケーションを実行する基本的なシステム構成(アーキテクチャ)や開発基盤も必要だ。多くの企業はアプリケーションの開発、導入、拡張で避けられないオーバーヘッド(負担)を減らそうとして、PaaS(Platform as a Service)を利用している。

 ただし、開発チームは注意が必要だ。PaaSには長所もあれば、短所もある。

PaaSベンダーが提供する機能

 PaaSの主な目標は、アプリケーション開発におけるインフラのオーバーヘッドを最小限に抑えることだ。だが、多くのPaaSベンダーはアプリケーションの構築と管理におけるオーバーヘッドを軽くする機能も提供する。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftの「Microsoft Azure」のような大手パブリッククラウドベンダーに加え、小規模だったり専門分野に特化したりする他の多数のPaaSベンダーも含まれる。機能はベンダーごとに大きく異なるが、それらは全て同じ一般的な目標の実現を目指している。つまり、アプリケーション開発ライフサイクルを開発者が迅速かつ効率的に管理できる、利便性の高い基盤を提供することだ。

 その結果として、PaaS製品に期待される重要な機能には次のようなものがある。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...